FX取引の経験がない方が為替の肝心なところを見つけるには、第一に実戦を積んでいく事が大切です。あらかじめ危険を察知できるようになるようになるには、失敗を繰り返す事も体験のひとつです。無論、ミスをするといっても、やり直しが効かないほど大きな失敗をする事は許されません。ちょっとしたケアレスミスを幾度か体験することが最後に自分の経験値を高めてくれるはずです。これを考えると、まず最初はわずかな額でエントリーして、数度取り返しが付くミスをすることが大切です。例えとして、100万円だけしか投資する余裕が無い状態で、はじめから一円も残さないで投資してエントリーすると、ミスした時、二度と取り返せない怖さがあります。それよりは、資金の10%ずつ分けて売買して、これによってマイナスやプラスを積んだ方が着実に間違いを減らす術なども身についていくはずです。まず少ない額でトレードする事の有益なところは、先に記したように、己の経験値を高め損を制御する手段を学んでいく事にありますが、売り買いの回数を積み重ねて、偶然を少なくできるという長所もあります。売り買いで勝率が50%とします。同じ条件でマイナスになる危険性もあります。勝率50%ということは半分半分の割合でプラスになる事を示しています。だけど、全ての投資資金を投資して1度だけのエントリーをするということは明確な勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。このままでは1度だけの丁半バクチと同じ。結局のところ、全財産を投入して1回だけしかエントリーしないとそれだけ損が生じる可能性が大きくなります。これを避けるために、資金を1回にすべてつぎ込むのではなく、いくつかに分けて、投資経験を増やす事がリスク分散となる。だからといって少しずつ分けたとしても全てのエントリーで勝利する事は不可欠ではありません。正確に言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。売買で不可欠なのは勝った回数ではなく、どのように稼ぐかです。勝率が50%でも仮に勝率5割以下でも儲ける事は出来ます。7割負けても損失がわずかであれば、少ない勝ちの儲けの大きさだけで十分に稼げます。そのために不可欠な事は、損失を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。損したら直ちに損切りしてそれとは反対に勝てる場合は上手く稼ぐ事が、FX初めての方がFX投資で利益を上げる手段です。